万葉集1349番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1349番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1349番について

歌番号

1349番

原文

如是為<而>也|尚哉将老|三雪零|大荒木野之|小竹尓不有九二

訓読

かくしてやなほや老いなむみ雪降る大荒木野の小竹にあらなくに

かな読み

かくしてや|なほやおいなむ|みゆきふる|おほあらきのの|しのにあらなくに

カタカナ読み

カクシテヤ|ナホヤオイナム|ミユキフル|オホアラキノノ|シノニアラナクニ

ローマ字読み|大文字

KAKUSHITEYA|NAHOYAOINAMU|MIYUKIFURU|OHOARAKINONO|SHINONIARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

kakushiteya|nahoyaoinamu|miyukifuru|ohoarakinono|shinoniaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|奈良|恋愛|植物|地名

校異

->而【西(右書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

かくしてや[寛],
なほやおいなむ[寛],
みゆきふる[寛],
おほあらきのの[寛],
しのにあらなくに,[寛]ささにあらなくに,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました