万葉集1363番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1363番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1363番について

歌番号

1363番

原文

春日野尓|咲有芽子者|片枝者|未含有|言勿絶行年

訓読

春日野に咲きたる萩は片枝はいまだふふめり言な絶えそね

かな読み

かすがのに|さきたるはぎは|かたえだは|いまだふふめり|ことなたえそね

カタカナ読み

カスガノニ|サキタルハギハ|カタエダハ|イマダフフメリ|コトナタエソネ

ローマ字読み|大文字

KASUGANONI|SAKITARUHAGIHA|KATAEDAHA|IMADAFUFUMERI|KOTONATAESONE

ローマ字読み|小文字

kasuganoni|sakitaruhagiha|kataedaha|imadafufumeri|kotonataesone

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|奈良|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

かすがのに,[寛]かすかのに,
さきたるはぎは,[寛]さきたるはきは,
かたえだは,[寛]かたえたは,
いまだふふめり,[寛]いまたふふめり,
ことなたえそね,[寛]ことなたえこそ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました