万葉集1398番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1398番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1398番について

歌番号

1398番

原文

神樂聲浪乃|四賀津之浦能|船乗尓|乗西意|常不所忘

訓読

楽浪の志賀津の浦の舟乗りに乗りにし心常忘らえず

かな読み

ささなみの|しがつのうらの|ふなのりに|のりにしこころ|つねわすらえず

カタカナ読み

ササナミノ|シガツノウラノ|フナノリニ|ノリニシココロ|ツネワスラエズ

ローマ字読み|大文字

SASANAMINO|SHIGATSUNORANO|FUNANORINI|NORINISHIKOKORO|TSUNEWASURAEZU

ローマ字読み|小文字

sasanamino|shigatsunorano|funanorini|norinishikokoro|tsunewasuraezu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|滋賀|琵琶湖|恋情|地名|序詞

校異

特に無し

寛永版本

ささなみの,[寛]ささらなみの,
しがつのうらの,[寛]しかつのうらの,
ふなのりに[寛],
のりにしこころ[寛],
つねわすらえず,[寛]つねわすられす,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました