万葉集1400番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1400番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1400番について

歌番号

1400番

原文

嶋傳|足速乃小舟|風守|年者也經南|相常齒無二

訓読

島伝ふ足早の小舟風まもり年はや経なむ逢ふとはなしに

かな読み

しまづたふ|あばやのをぶね|かぜまもり|としはやへなむ|あふとはなしに

カタカナ読み

シマヅタフ|アバヤノヲブネ|カゼマモリ|トシハヤヘナム|アフトハナシニ

ローマ字読み|大文字

SHIMAZUTAFU|ABAYANOBUNE|KAZEMAMORI|TOSHIHAYAHENAMU|AFUTOHANASHINI

ローマ字読み|小文字

shimazutafu|abayanobune|kazemamori|toshihayahenamu|afutohanashini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

しまづたふ,[寛]しまつたふ,
あばやのをぶね,[寛]あしはやのをふね,
かぜまもり,[寛]かせまもり,
としはやへなむ[寛],
あふとはなしに[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました