万葉集1389番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1389番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1389番について

歌番号

1389番

原文

礒之浦尓|来依白浪|反乍|過不勝者|<誰>尓絶多倍

訓読

礒の浦に来寄る白波返りつつ過ぎかてなくは誰れにたゆたへ

かな読み

いそのうらに|きよるしらなみ|かへりつつ|すぎかてなくは|たれにたゆたへ

カタカナ読み

イソノウラニ|キヨルシラナミ|カヘリツツ|スギカテナクハ|タレニタユタヘ

ローマ字読み|大文字

ISONORANI|KIYORUSHIRANAMI|KAHERITSUTSU|SUGIKATENAKUHA|TARENITAYUTAHE

ローマ字読み|小文字

isonorani|kiyorushiranami|kaheritsutsu|sugikatenakuha|tarenitayutahe

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋情

校異

雉->誰【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

いそのうらに[寛],
きよるしらなみ[寛],
かへりつつ[寛],
すぎかてなくは,[寛]すきかてぬれは,
たれにたゆたへ,[寛]きしにたゆたへ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました