万葉集1346番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1346番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1346番について

歌番号

1346番

原文

姫押|生澤邊之|真田葛原|何時鴨絡而|我衣将服

訓読

をみなへし佐紀沢の辺の真葛原いつかも繰りて我が衣に着む

かな読み

をみなへし|さきさはのへの|まくずはら|いつかもくりて|わがきぬにきむ

カタカナ読み

ヲミナヘシ|サキサハノヘノ|マクズハラ|イツカモクリテ|ワガキヌニキム

ローマ字読み|大文字

OMINAHESHI|SAKISAHANOHENO|MAKUZUHARA|ITSUKAMOKURITE|WAGAKINUNIKIMU

ローマ字読み|小文字

ominaheshi|sakisahanoheno|makuzuhara|itsukamokurite|wagakinunikimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|奈良|恋愛|植物|地名

校異

特に無し

寛永版本

をみなへし[寛],
さきさはのへの,[寛]おふるさはへの,
まくずはら,[寛]まくすはら,
いつかもくりて[寛],
わがきぬにきむ,[寛]わかきぬにせむ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました