万葉集3576番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3576番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3576番について

歌番号

3576番

原文

奈波之呂乃|<古>奈宜我波奈乎|伎奴尓須里|奈流留麻尓末仁|安是可加奈思家

訓読

苗代の小水葱が花を衣に摺りなるるまにまにあぜか愛しけ

かな読み

なはしろの|こなぎがはなを|きぬにすり|なるるまにまに|あぜかかなしけ

カタカナ読み

ナハシロノ|コナギガハナヲ|キヌニスリ|ナルルマニマニ|アゼカカナシケ

ローマ字読み|大文字

NAHASHIRONO|KONAGIGAHANAO|KINUNISURI|NARURUMANIMANI|AZEKAKANASHIKE

ローマ字読み|小文字

nahashirono|konagigahanao|kinunisuri|narurumanimani|azekakanashike

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|譬喩歌|植物|恋情

校異

告->古【西(訂正頭書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

なはしろの[寛],
こなぎがはなを,[寛]こなきかはなを,
きぬにすり[寛],
なるるまにまに[寛],
あぜかかなしけ,[寛]あせかかなしけ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました