万葉集1391番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1391番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1391番について

歌番号

1391番

原文

朝奈藝尓|来依白浪|欲見|吾雖為|風許増不令依

訓読

朝なぎに来寄る白波見まく欲り我れはすれども風こそ寄せね

かな読み

あさなぎに|きよるしらなみ|みまくほり|われはすれども|かぜこそよせね

カタカナ読み

アサナギニ|キヨルシラナミ|ミマクホリ|ワレハスレドモ|カゼコソヨセネ

ローマ字読み|大文字

ASANAGINI|KIYORUSHIRANAMI|MIMAKUHORI|WAREHASUREDOMO|KAZEKOSOYOSENE

ローマ字読み|小文字

asanagini|kiyorushiranami|mimakuhori|warehasuredomo|kazekosoyosene

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あさなぎに,[寛]あさなきに,
きよるしらなみ[寛],
みまくほり[寛],
われはすれども,[寛]われはすれとも,
かぜこそよせね,[寛]かせこそよせね,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました