万葉集1348番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1348番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1348番について

歌番号

1348番

原文

三嶋江之|玉江之薦乎|従標之|己我跡曽念|雖未苅

訓読

三島江の玉江の薦を標めしより己がとぞ思ふいまだ刈らねど

かな読み

みしまえの|たまえのこもを|しめしより|おのがとぞおもふ|いまだからねど

カタカナ読み

ミシマエノ|タマエノコモヲ|シメシヨリ|オノガトゾオモフ|イマダカラネド

ローマ字読み|大文字

MISHIMAENO|TAMAENOKOMO|SHIMESHIYORI|ONOGATOZOMOFU|IMADAKARANEDO

ローマ字読み|小文字

mishimaeno|tamaenokomo|shimeshiyori|onogatozomofu|imadakaranedo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|大阪|恋愛|植物

校異

特に無し

寛永版本

みしまえの[寛],
たまえのこもを[寛],
しめしより[寛],
おのがとぞおもふ,[寛]おのかとそおもふ,
いまだからねど,[寛]いまたからねと,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました