万葉集1394番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1394番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1394番について

歌番号

1394番

原文

塩満者|入流礒之|草有哉|見良久少|戀良久乃太寸

訓読

潮満てば入りぬる礒の草なれや見らく少く恋ふらくの多き

かな読み

しほみてば|いりぬるいその|くさなれや|みらくすくなく|こふらくのおほき

カタカナ読み

シホミテバ|イリヌルイソノ|クサナレヤ|ミラクスクナク|コフラクノオホキ

ローマ字読み|大文字

SHIHOMITEBA|IRINURUISONO|KUSANAREYA|MIRAKUSUKUNAKU|KOFURAKUNOHOKI

ローマ字読み|小文字

shihomiteba|irinuruisono|kusanareya|mirakusukunaku|kofurakunohoki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

太【類】【紀】大

寛永版本

しほみてば,[寛]しほみては,
いりぬるいその[寛],
くさなれや[寛],
みらくすくなく[寛],
こふらくのおほき[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました