万葉集1377番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1377番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1377番について

歌番号

1377番

原文

木綿懸而|祭三諸乃|神佐備而|齋尓波不在|人目多見許<曽>

訓読

木綿懸けて祭る三諸の神さびて斎むにはあらず人目多みこそ

かな読み

ゆふかけて|まつるみもろの|かむさびて|いむにはあらず|ひとめおほみこそ

カタカナ読み

ユフカケテ|マツルミモロノ|カムサビテ|イムニハアラズ|ヒトメオホミコソ

ローマ字読み|大文字

YUFUKAKETE|MATSURUMIMORONO|KAMUSABITE|IMUNIHAARAZU|HITOMEOHOMIKOSO

ローマ字読み|小文字

yufukakete|matsurumimorono|kamusabite|imunihaarazu|hitomeohomikoso

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|尫柜蹋|三輪|奈良|地名

校異

増->曽【元】【類】【矢】【京】

寛永版本

ゆふかけて[寛],
まつるみもろの,[寛]まつるみむろの,
かむさびて,[寛]かみさひて,
いむにはあらず,[寛]いむにはあらす,
ひとめおほみこそ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました