万葉集1395番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1395番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1395番について

歌番号

1395番

原文

奥浪|依流荒礒之|名告藻者|心中尓|疾跡成有

訓読

沖つ波寄する荒礒のなのりそは心のうちに障みとなれり

かな読み

おきつなみ|よするありその|なのりそは|こころのうちに|つつみとなれり

カタカナ読み

オキツナミ|ヨスルアリソノ|ナノリソハ|ココロノウチニ|ツツミトナレリ

ローマ字読み|大文字

OKITSUNAMI|YOSURUARISONO|NANORISOHA|KOKORONOCHINI|TSUTSUMITONARERI

ローマ字読み|小文字

okitsunami|yosuruarisono|nanorisoha|kokoronochini|tsutsumitonareri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|植物

校異

特に無し

寛永版本

おきつなみ[寛],
よするありその,[寛]よするあらいその,
なのりそは[寛],
こころのうちに[寛],
つつみとなれり,[寛]とくとなりけり,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました