万葉集1401番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1401番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1401番について

歌番号

1401番

原文

水霧相|奥津小嶋尓|風乎疾見|船縁金都|心者念杼

訓読

水霧らふ沖つ小島に風をいたみ舟寄せかねつ心は思へど

かな読み

みなぎらふ|おきつこしまに|かぜをいたみ|ふねよせかねつ|こころはおもへど

カタカナ読み

ミナギラフ|オキツコシマニ|カゼヲイタミ|フネヨセカネツ|ココロハオモヘド

ローマ字読み|大文字

MINAGIRAFU|OKITSUKOSHIMANI|KAZEOITAMI|FUNEYOSEKANETSU|KOKOROHAOMOHEDO

ローマ字読み|小文字

minagirafu|okitsukoshimani|kazeoitami|funeyosekanetsu|kokorohaomohedo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋情|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

みなぎらふ,[寛]みなきりあひ,
おきつこしまに,[寛]おきつをしまに,
かぜをいたみ,[寛]かせをいたみ,
ふねよせかねつ[寛],
こころはおもへど,[寛]こころはおもへと,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました