万葉集1387番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1387番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1387番について

歌番号

1387番

原文

伏超従|去益物乎|間守尓|所打沾|浪不數為而

訓読

伏越ゆ行かましものをまもらふにうち濡らさえぬ波数まずして

かな読み

ふしこえゆ|ゆかましものを|まもらふに|うちぬらさえぬ|なみよまずして

カタカナ読み

フシコエユ|ユカマシモノヲ|マモラフニ|ウチヌラサエヌ|ナミヨマズシテ

ローマ字読み|大文字

FUSHIKOEYU|YUKAMASHIMONO|MAMORAFUNI|UCHINURASAENU|NAMIYOMAZUSHITE

ローマ字読み|小文字

fushikoeyu|yukamashimono|mamorafuni|uchinurasaenu|namiyomazushite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ふしこえゆ,[寛]ふしこえに,
ゆかましものを,[寛]えかましものを,
まもらふに,[寛]ひまもりに,
うちぬらさえぬ,[寛]うちぬらされぬ,
なみよまずして,[寛]なみかそへすて

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました