万葉集1378番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1378番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1378番について

歌番号

1378番

原文

木綿懸而|齋此神社|可超|所念可毛|戀之繁尓

訓読

木綿懸けて斎ふこの社越えぬべく思ほゆるかも恋の繁きに

かな読み

ゆふかけて|いはふこのもり|こえぬべく|おもほゆるかも|こひのしげきに

カタカナ読み

ユフカケテ|イハフコノモリ|コエヌベク|オモホユルカモ|コヒノシゲキニ

ローマ字読み|大文字

YUFUKAKETE|IHAFUKONOMORI|KOENUBEKU|OMOHOYURUKAMO|KOHINOSHIGEKINI

ローマ字読み|小文字

yufukakete|ihafukonomori|koenubeku|omohoyurukamo|kohinoshigekini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|三輪|奈良|地名

校異

特に無し

寛永版本

ゆふかけて[寛],
いはふこのもり,[寛]いみしやしろも,
こえぬべく,[寛]こえぬへく,
おもほゆるかも[寛],
こひのしげきに,[寛]こひのしけきに,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました