万葉集1396番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1396番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1396番について

歌番号

1396番

原文

紫之|名高浦乃|名告藻之|於礒将靡|時待吾乎

訓読

紫の名高の浦のなのりその礒に靡かむ時待つ我れを

かな読み

むらさきの|なたかのうらの|なのりその|いそになびかむ|ときまつわれを

カタカナ読み

ムラサキノ|ナタカノウラノ|ナノリソノ|イソニナビカム|トキマツワレヲ

ローマ字読み|大文字

MURASAKINO|NATAKANORANO|NANORISONO|ISONINABIKAMU|TOKIMATSUWAREO

ローマ字読み|小文字

murasakino|natakanorano|nanorisono|isoninabikamu|tokimatsuwareo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|和歌山|恋愛|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

むらさきの[寛],
なたかのうらの[寛],
なのりその[寛],
いそになびかむ,[寛]いそになひかむ,
ときまつわれを[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました