万葉集1382番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1382番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1382番について

歌番号

1382番

原文

泊瀬川|流水沫之|絶者許曽|吾念心|不遂登思齒目

訓読

泊瀬川流るる水沫の絶えばこそ我が思ふ心遂げじと思はめ

かな読み

はつせがは|ながるるみなわの|たえばこそ|あがおもふこころ|とげじとおもはめ

カタカナ読み

ハツセガハ|ナガルルミナワノ|タエバコソ|アガオモフココロ|トゲジトオモハメ

ローマ字読み|大文字

HATSUSEGAHA|NAGARURUMINAWANO|TAEBAKOSO|AGAOMOFUKOKORO|TOGEJITOMOHAME

ローマ字読み|小文字

hatsusegaha|nagaruruminawano|taebakoso|agaomofukokoro|togejitomohame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|奈良|恋情|地名

校異

特に無し

寛永版本

はつせがは,[寛]はつせかは,
ながるるみなわの,[寛]なかるみなわの,
たえばこそ,[寛]たえはこそ,
あがおもふこころ,[寛]わかおもふこころ,
とげじとおもはめ,[寛]とけすとおもはめ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました