万葉集1386番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1386番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1386番について

歌番号

1386番

原文

大船尓|真梶繁貫|水手出去之|奥<者>将深|潮者干去友

訓読

大船に真楫しじ貫き漕ぎ出なば沖は深けむ潮は干ぬとも

かな読み

おほぶねに|まかぢしじぬき|こぎでなば|おきはふかけむ|しほはひぬとも

カタカナ読み

オホブネニ|マカヂシジヌキ|コギデナバ|オキハフカケム|シホハヒヌトモ

ローマ字読み|大文字

OHOBUNENI|MAKAJISHIJINUKI|KOGIDENABA|OKIHAFUKAKEMU|SHIHOHAHINUTOMO

ローマ字読み|小文字

ohobuneni|makajishijinuki|kogidenaba|okihafukakemu|shihohahinutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋情

校異

->者【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

おほぶねに,[寛]おほふねに,
まかぢしじぬき,[寛]まかちししぬき,
こぎでなば,[寛]こきいてにし,
おきはふかけむ,[寛]おきはふかなむ,
しほはひぬとも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました