万葉集1383番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1383番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1383番について

歌番号

1383番

原文

名毛伎世婆|人可知見|山川之|瀧情乎|塞敢<而>有鴨

訓読

嘆きせば人知りぬべみ山川のたぎつ心を塞かへてあるかも

かな読み

なげきせば|ひとしりぬべみ|やまがはの|たぎつこころを|せかへてあるかも

カタカナ読み

ナゲキセバ|ヒトシリヌベミ|ヤマガハノ|タギツココロヲ|セカヘテアルカモ

ローマ字読み|大文字

NAGEKISEBA|HITOSHIRINUBEMI|YAMAGAHANO|TAGITSUKOKORO|SEKAHETEARUKAMO

ローマ字読み|小文字

nagekiseba|hitoshirinubemi|yamagahano|tagitsukokoro|sekahetearukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋情|尫柜蹋

校異

与->而【西(訂正)】【元】【類】【紀】

寛永版本

なげきせば,[寛]なけきせは,
ひとしりぬべみ,[寛]ひとしりぬへみ,
やまがはの,[寛]やまかはの,
たぎつこころを,[寛]たきつこころを,
せかへてあるかも,[寛]せかへたるかも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました