万葉集1397番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1397番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1397番について

歌番号

1397番

原文

荒礒超|浪者恐|然為蟹|海之玉藻之|憎者不有手

訓読

荒礒越す波は畏ししかすがに海の玉藻の憎くはあらずて

かな読み

ありそこす|なみはかしこし|しかすがに|うみのたまもの|にくくはあらずて

カタカナ読み

アリソコス|ナミハカシコシ|シカスガニ|ウミノタマモノ|ニククハアラズテ

ローマ字読み|大文字

ARISOKOSU|NAMIHAKASHIKOSHI|SHIKASUGANI|UMINOTAMAMONO|NIKUKUHAARAZUTE

ローマ字読み|小文字

arisokosu|namihakashikoshi|shikasugani|uminotamamono|nikukuhaarazute

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋情|植物

校異

特に無し

寛永版本

ありそこす,[寛]あらいそこす,
なみはかしこし,[寛]なみはおそろし,
しかすがに,[寛]しかすかに,
うみのたまもの[寛],
にくくはあらずて,[寛]にくくはあらすて,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました