万葉集3575番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3575番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3575番について

歌番号

3575番

原文

美夜自呂乃|<須>可敝尓多弖流|可保我波奈|莫佐吉伊<R>曽祢|許米弖思努波武

訓読

美夜自呂のすかへに立てるかほが花な咲き出でそねこめて偲はむ

かな読み

みやじろの|すかへにたてる|かほがはな|なさきいでそね|こめてしのはむ

カタカナ読み

ミヤジロノ|スカヘニタテル|カホガハナ|ナサキイデソネ|コメテシノハム

ローマ字読み|大文字

MIYAJIRONO|SUKAHENITATERU|KAHOGAHANA|NASAKIIDESONE|KOMETESHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

miyajirono|sukahenitateru|kahogahana|nasakiidesone|kometeshinohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|譬喩歌|地名|植物|恋情

校異

渚->須【類】【古】|弖->R【類】【紀】

寛永版本

みやじろの,[寛]みやしろの,
すかへにたてる,[寛]をかへにたてる,
かほがはな,[寛]かほかはな,
なさきいでそね,[寛]なさきいてそね,
こめてしのはむ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました