万葉集3435番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3435番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3435番について

歌番号

3435番

原文

伊可保呂乃|蘇比乃波里波良|和我吉奴尓|都伎与良之母与|比多敝登於毛敝婆

訓読

伊香保ろの沿ひの榛原我が衣に着きよらしもよひたへと思へば

かな読み

いかほろの|そひのはりはら|わがきぬに|つきよらしもよ|ひたへとおもへば

カタカナ読み

イカホロノ|ソヒノハリハラ|ワガキヌニ|ツキヨラシモヨ|ヒタヘトオモヘバ

ローマ字読み|大文字

IKAHORONO|SOHINOHARIHARA|WAGAKINUNI|TSUKIYORASHIMOYO|HITAHETOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

ikahorono|sohinoharihara|wagakinuni|tsukiyorashimoyo|hitahetomoheba

左注|左註

右三首上野國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|譬喩歌|群馬県|地名|伊香保|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

いかほろの[寛],
そひのはりはら[寛],
わがきぬに,[寛]わかきぬに,
つきよらしもよ[寛],
ひたへとおもへば,[寛]たへとおもへは,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました