万葉集1381番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1381番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1381番について

歌番号

1381番

原文

廣瀬<河>|袖衝許|淺乎也|心深目手|吾念有良武

訓読

広瀬川袖漬くばかり浅きをや心深めて我が思へるらむ

かな読み

ひろせがは|そでつくばかり|あさきをや|こころふかめて|わがおもへるらむ

カタカナ読み

ヒロセガハ|ソデツクバカリ|アサキヲヤ|ココロフカメテ|ワガオモヘルラム

ローマ字読み|大文字

HIROSEGAHA|SODETSUKUBAKARI|ASAKIOYA|KOKOROFUKAMETE|WAGAOMOHERURAMU

ローマ字読み|小文字

hirosegaha|sodetsukubakari|asakioya|kokorofukamete|wagaomoheruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|奈良|恋情|地名

校異

川->河【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

ひろせがは,[寛]ひろせかは,
そでつくばかり,[寛]そてつくはかり,
あさきをや[寛],
こころふかめて[寛],
わがおもへるらむ,[寛]わかおもへらむ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました