万葉集1388番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1388番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1388番について

歌番号

1388番

原文

石灑|岸之浦廻尓|縁浪|邊尓来依者香|言之将繁

訓読

石そそき岸の浦廻に寄する波辺に来寄らばか言の繁けむ

かな読み

いはそそき|きしのうらみに|よするなみ|へにきよらばか|ことのしげけむ

カタカナ読み

イハソソキ|キシノウラミニ|ヨスルナミ|ヘニキヨラバカ|コトノシゲケム

ローマ字読み|大文字

IHASOSOKI|KISHINORAMINI|YOSURUNAMI|HENIKIYORABAKA|KOTONOSHIGEKEMU

ローマ字読み|小文字

ihasosoki|kishinoramini|yosurunami|henikiyorabaka|kotonoshigekemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋情|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

いはそそき,[寛]いはそそく,
きしのうらみに,[寛]きしのうらわに,
よするなみ[寛],
へにきよらばか,[寛]へにきよれはか,
ことのしげけむ,[寛]ことのしけけむ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました