万葉集3437番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3437番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3437番について

歌番号

3437番

原文

美知乃久能|安太多良末由美|波自伎於伎弖|西良思馬伎那婆|都良波可馬可毛

訓読

陸奥の安達太良真弓はじき置きて反らしめきなば弦はかめかも

かな読み

みちのくの|あだたらまゆみ|はじきおきて|せらしめきなば|つらはかめかも

カタカナ読み

ミチノクノ|アダタラマユミ|ハジキオキテ|セラシメキナバ|ツラハカメカモ

ローマ字読み|大文字

MICHINOKUNO|ADATARAMAYUMI|HAJIKIOKITE|SERASHIMEKINABA|TSURAHAKAMEKAMO

ローマ字読み|小文字

michinokuno|adataramayumi|hajikiokite|serashimekinaba|tsurahakamekamo

左注|左註

右一首陸奥國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|譬喩歌|福島県|東北地方|地名|二本松市|安達太良山|女歌|浮気|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

みちのくの,[寛]みちのくの,
あだたらまゆみ,[寛]あたたらまゆみ,
はじきおきて,[寛]はしきおきて,
せらしめきなば,[寛]せらしめきなは,
つらはかめかも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました