万葉集1380番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1380番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1380番について

歌番号

1380番

原文

明日香川|湍瀬尓玉藻者|雖生有|四賀良美有者|靡不相

訓読

明日香川瀬々に玉藻は生ひたれどしがらみあれば靡きあはなくに

かな読み

あすかがは|せぜにたまもは|おひたれど|しがらみあれば|なびきあはなくに

カタカナ読み

アスカガハ|セゼニタマモハ|オヒタレド|シガラミアレバ|ナビキアハナクニ

ローマ字読み|大文字

ASUKAGAHA|SEZENITAMAMOHA|OHITAREDO|SHIGARAMIAREBA|NABIKIAHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

asukagaha|sezenitamamoha|ohitaredo|shigaramiareba|nabikiahanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|飛鳥|恋情|恨牫|地名

校異

特に無し

寛永版本

あすかがは,[寛]あすかかは,
せぜにたまもは,[寛]せせにたまもは,
おひたれど,[寛]おひたれと,
しがらみあれば,[寛]しからみあれは,
なびきあはなくに,[寛]なひきもあはす,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました