万葉集1393番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1393番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1393番について

歌番号

1393番

原文

豊國之|<聞>之濱邊之|愛子地|真直之有者|何如将嘆

訓読

豊国の企救の浜辺の真砂土真直にしあらば何か嘆かむ

かな読み

とよくにの|きくのはまへの|まなごつち|まなほにしあらば|なにかなげかむ

カタカナ読み

トヨクニノ|キクノハマヘノ|マナゴツチ|マナホニシアラバ|ナニカナゲカム

ローマ字読み|大文字

TOYOKUNINO|KIKUNOHAMAHENO|MANAGOTSUCHI|MANAHONISHIARABA|NANIKANAGEKAMU

ローマ字読み|小文字

toyokunino|kikunohamaheno|managotsuchi|manahonishiaraba|nanikanagekamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|福岡県|恋愛|恨牫|地名

校異

間->聞【西(頭書)】

寛永版本

とよくにの[寛],
きくのはまへの,[寛]ままのはまへの,
まなごつち,[寛]まなこちの,
まなほにしあらば,[寛]まなをにしあらは,
なにかなげかむ,[寛]なにかなけかむ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました