柿本人麻呂が作者の万葉集

万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3610S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3610S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3610S番について歌番号3610異伝歌番原文安美能宇良|多母能須蘇尓訓読嗚呼見の浦|玉裳の裾にかな読みあみのうら|||たまものすそにカタカナ読みアミノウラ|||タマモノス...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3611番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3611番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3611番について歌番号3611番原文於保夫祢尓|麻可治之自奴伎|宇奈波良乎|許藝弖天和多流|月人乎登I訓読大船に真楫しじ貫き海原を漕ぎ出て渡る月人壮士かな読みおほぶねに|ま...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3606S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3606S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3606S番について歌番号3606異伝歌番原文敏馬乎須疑弖|布祢知可豆伎奴訓読敏馬を過ぎて|船近づきぬかな読みみぬめをすぎて|||ふねちかづきぬカタカナ読みミヌメヲスギテ|...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3607S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3607S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3607S番について歌番号3607異伝歌番原文安良多倍乃|須受吉都流|安麻登香見良武訓読荒栲の|鱸釣る海人とか見らむかな読みあらたへの|||すずきつる|あまとかみらむカタカ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3608S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3608S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3608S番について歌番号3608異伝歌番原文夜麻等思麻見由訓読大和島見ゆかな読みやまとしまみゆカタカナ読みヤマトシマミユローマ字読み|大文字YAMATOSHIMAMIYU...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3609S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3609S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3609S番について歌番号3609異伝歌番原文氣比乃宇美能|可里許毛能|美礼弖出見由|安麻能都里船訓読笥飯の海の|刈り薦の乱れて出づ見ゆ海人の釣船かな読みけひのうみの|||...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2634番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2634番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2634番について歌番号2634番原文里遠|戀和備尓家里|真十鏡|面影不去|夢所見社訓読里遠み恋わびにけりまそ鏡面影去らず夢に見えこそかな読みさとどほみ|こひわびにけり|まそ...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1761番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1761番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1761番について歌番号1761番原文三諸之|神邊山尓|立向|三垣乃山尓|秋芽子之|妻巻六跡|朝月夜|明巻鴦視|足日木乃|山響令動|喚立鳴毛訓読三諸の|神奈備...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1762番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1762番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1762番について歌番号1762番原文明日之夕|不相有八方|足日木|山彦令動|呼立哭毛訓読明日の宵逢はざらめやもあしひきの山彦響め呼びたて鳴くもかな読みあすの...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1715番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1715番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1715番について歌番号1715番原文樂之|平山風之|海吹者|釣為海人之|袂變所見訓読楽浪の比良山風の海吹けば釣りする海人の袖返る見ゆかな読みささなみの|ひら...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1710番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1710番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1710番について歌番号1710番原文吾妹兒之|赤裳塗而|殖之田乎|苅将蔵|倉無之濱訓読我妹子が赤裳ひづちて植ゑし田を刈りて収めむ倉無の浜かな読みわぎもこが|...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1711番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1711番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1711番について歌番号1711番原文百|八十之嶋廻乎|榜雖来|粟小嶋者|雖見不足可聞訓読百伝ふ八十の島廻を漕ぎ来れど粟の小島は見れど飽かぬかもかな読みももづ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集497番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集497番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集497番について歌番号497番原文古尓|有兼人毛|如吾歟|妹尓戀乍|宿不勝家牟訓読いにしへにありけむ人も我がごとか妹に恋ひつつ寐ねかてずけむかな読みいにしへに|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集498番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集498番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集498番について歌番号498番原文今耳之|行事庭不有|古|人曽益而|哭左倍鳴四訓読今のみのわざにはあらずいにしへの人ぞまさりて音にさへ泣きしかな読みいまのみの|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集499番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集499番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集499番について歌番号499番原文百重二物|来及毳常|念鴨|公之使乃|雖見不飽有訓読百重にも来及かぬかもと思へかも君が使の見れど飽かずあらむかな読みももへにも|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集501番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集501番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集501番について歌番号501番原文未通女等之|袖振山乃|水垣之|久時従|憶寸吾者訓読娘子らが袖布留山の瑞垣の久しき時ゆ思ひき我れはかな読みをとめらが|そでふるや...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集502番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集502番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集502番について歌番号502番原文夏野去|小鹿之角乃|束間毛|妹之心乎|忘而念哉訓読夏野行く牡鹿の角の束の間も妹が心を忘れて思へやかな読みなつのゆく|をしかのつ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集503番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集503番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集503番について歌番号503番原文珠衣乃|狭藍左謂沈|家妹尓|物不語来而|思金津裳訓読玉衣のさゐさゐしづみ家の妹に物言はず来にて思ひかねつもかな読みたまきぬの|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集496番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集496番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集496番について歌番号496番原文三熊野之|浦乃濱木綿|百重成|心者雖念|直不相鴨訓読み熊野の浦の浜木綿百重なす心は思へど直に逢はぬかもかな読みみくまのの|うら...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集426番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集426番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集426番について歌番号426番原文草枕|羈宿尓|誰嬬可|國忘有|家待國訓読草枕旅の宿りに誰が嬬か国忘れたる家待たまくにかな読みくさまくら|たびのやどりに|たがつ...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集428番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集428番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集428番について歌番号428番原文隠口能|泊瀬山之|山際尓|伊佐夜歴雲者|妹鴨有牟訓読こもりくの初瀬の山の山の際にいさよふ雲は妹にかもあらむかな読みこもりくの|...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集429番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集429番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集429番について歌番号429番原文山際従|出雲兒等者|霧有哉|吉野山|嶺霏訓読山の際ゆ出雲の子らは霧なれや吉野の山の嶺にたなびくかな読みやまのまゆ|いづものこら...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集430番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集430番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集430番について歌番号430番原文八雲刺|出雲子等|黒髪者|吉野川|奥名豆颯訓読八雲さす出雲の子らが黒髪は吉野の川の沖になづさふかな読みやくもさす|いづものこら...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集303番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集303番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集303番について歌番号303番原文名細寸|稲見乃海之|奥津浪|千重尓隠奴|山跡嶋根者訓読名ぐはしき印南の海の沖つ波千重に隠りぬ大和島根はかな読みなぐはしき|いな...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集304番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集304番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集304番について歌番号304番原文大王之|遠乃朝庭跡|蟻通|嶋門乎見者|神代之所念訓読大君の遠の朝廷とあり通ふ島門を見れば神代し思ほゆかな読みおほきみの|とほの...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集252番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集252番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集252番について歌番号252番原文荒栲|藤江之浦尓|鈴木釣|泉郎跡香将見|旅去吾乎訓読荒栲の藤江の浦に鱸釣る海人とか見らむ旅行く我れをかな読みあらたへの|ふぢえ...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集253番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集253番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集253番について歌番号253番原文稲日野毛|去過勝尓|思有者|心戀敷|可古能嶋所見|訓読稲日野も行き過ぎかてに思へれば心恋しき加古の島見ゆ|かな読みいなびのも|...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集254番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集254番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集254番について歌番号254番原文留火之|明大門尓|入日哉|榜将別|家當不見訓読燈火の明石大門に入らむ日や漕ぎ別れなむ家のあたり見ずかな読みともしびの|あかしお...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集255番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集255番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集255番について歌番号255番原文天離|夷之長道従|戀来者|自明門|倭嶋所見|訓読天離る鄙の長道ゆ恋ひ来れば明石の門より大和島見ゆ|かな読みあまざかる|ひなのな...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集256番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集256番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集256番について歌番号256番原文飼飯海乃|庭好有之|苅薦乃|乱出所見|海人釣船訓読笥飯の海の庭よくあらし刈薦の乱れて出づ見ゆ海人の釣船かな読みけひのうみの|に...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集261番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集261番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集261番について歌番号261番原文八隅知之|吾大王|高輝|日之皇子|茂座|大殿於|久方|天傳来|雪仕物|徃来乍|益及常世訓読やすみしし|我が大君|高照らす|日の...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集262番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集262番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集262番について歌番号262番原文矢釣山|木立不見|落乱|雪驪|朝樂毛訓読矢釣山木立も見えず降りまがふ雪に騒ける朝楽しもかな読みやつりやま|こだちもみえず|ふり...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集264番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集264番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集264番について歌番号264番原文物乃部能|八十氏河乃|阿白木尓|不知代經浪乃|去邊白不母訓読もののふの八十宇治川の網代木にいさよふ波のゆくへ知らずもかな読みも...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集266番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集266番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集266番について歌番号266番原文淡海乃海|夕浪千鳥|汝鳴者|情毛思尓|古所念訓読近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのにいにしへ思ほゆかな読みあふみのうみ|ゆふな...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集240番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集240番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集240番について歌番号240番原文久堅乃|天歸月乎|網尓刺|我大王者|盖尓為有訓読ひさかたの天行く月を網に刺し我が大君は蓋にせりかな読みひさかたの|あめゆくつき...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集241番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集241番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集241番について歌番号241番原文皇者|神尓之坐者|真木立|荒山中尓|海成可聞訓読大君は神にしませば真木の立つ荒山中に海を成すかもかな読みおほきみは|かみにしま...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集249番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集249番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集249番について歌番号249番原文三津埼|浪矣恐|隠江乃|舟公宣奴嶋尓訓読御津の崎波を畏み隠江の舟公宣奴嶋尓かな読みみつのさき|なみをかしこみ|こもりえの|**...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集250番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集250番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集250番について歌番号250番原文珠藻苅|敏馬乎過|夏草之|野嶋之埼尓|舟近著奴訓読玉藻刈る敏馬を過ぎて夏草の野島が崎に船近づきぬかな読みたまもかる|みぬめをす...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集251番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集251番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集251番について歌番号251番原文粟路之|野嶋之前乃|濱風尓|妹之結|紐吹返訓読淡路の野島が崎の浜風に妹が結びし紐吹き返すかな読みあはぢの|のしまがさきの|はま...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集216番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集216番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集216番について歌番号216番原文家来而|吾屋乎見者|玉床之|外向来|妹木枕訓読家に来て我が屋を見れば玉床の外に向きけり妹が木枕かな読みいへにきて|わがやをみれ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集217番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集217番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集217番について歌番号217番原文秋山|下部留妹|奈用竹乃|騰遠依子等者|何方尓|念居可|栲紲之|長命乎|露己曽婆|朝尓置而|夕者|消等言|霧己曽婆|夕立而|明...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集218番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集218番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集218番について歌番号218番原文樂浪之|志賀津子等何||罷道之|川瀬道|見者不怜毛訓読楽浪の志賀津の子らが||罷り道の川瀬の道を見れば寂しもかな読みささなみの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集219番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集219番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集219番について歌番号219番原文天數|凡津子之|相日|於保尓見敷者|今叙悔訓読そら数ふ大津の子が逢ひし日におほに見しかば今ぞ悔しきかな読みそらかぞふ|おほつの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集220番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集220番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集220番について歌番号220番原文玉藻吉|讃岐國者|國柄加|雖見不飽|神柄加|幾許貴寸|天地|日月與共|満将行|神乃御面跡|次来|中乃水門従|浮而|吾榜来者|時...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集221番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集221番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集221番について歌番号221番原文妻毛有者|採而多宜麻之|美乃山|野上乃宇波疑|過去計良受也訓読妻もあらば摘みて食げまし沙弥の山野の上のうはぎ過ぎにけらずやかな...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集222番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集222番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集222番について歌番号222番原文奥波|来依荒礒乎|色妙乃|枕等巻而|奈世流君香聞訓読沖つ波来寄る荒礒を敷栲の枕とまきて寝せる君かもかな読みおきつなみ|きよるあ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集223番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集223番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集223番について歌番号223番原文鴨山之|磐根之巻有|吾乎鴨|不知等妹之|待乍将有訓読鴨山の岩根しまける我れをかも知らにと妹が待ちつつあるらむかな読みかもやまの...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集235番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集235番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集235番について歌番号235番原文皇者|神二四座者|天雲之|雷之上尓|廬為訓読大君は神にしませば天雲の雷の上に廬りせるかもかな読みおほきみは|かみにしませば|あ...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集235S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集235S番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集235S番について歌番号235異伝歌番原文王|神座者|雲隠伊加土山尓|宮敷座訓読大君は神にしませば雲隠る雷山に宮敷きいますかな読みおほきみは|かみにしませば|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集210番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集210番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集210番について歌番号210番原文打蝉等|念之時尓||取持而|吾二人見之|趍出之|堤尓立有|槻木之|己知碁乃枝之|春葉之|茂之如久|念有之|妹者雖有|之|兒等尓...
タイトルとURLをコピーしました