万葉集262番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集262番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集262番について

歌番号

262番

原文

矢釣山|木立不見|落乱|雪驪|朝樂毛

訓読

矢釣山木立も見えず降りまがふ雪に騒ける朝楽しも

かな読み

やつりやま|こだちもみえず|ふりまがふ|ゆきにさわける|あしたたのしも

カタカナ読み

ヤツリヤマ|コダチモミエズ|フリマガフ|ユキニサワケル|アシタタノシモ

ローマ字読み|大文字

YATSURIYAMA|KODACHIMOMIEZU|FURIMAGAFU|YUKINISAWAKERU|ASHITATANOSHIMO

ローマ字読み|小文字

yatsuriyama|kodachimomiezu|furimagafu|yukinisawakeru|ashitatanoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|新田部皇子|献呈歌|飛鳥|地名

校異

矢【細】矣|釣【類】【紀】【細】駒|驪【類】驟

寛永版本

やつりやま[寛],
こだちもみえず,[寛]こたちもみえす,
ふりまがふ,[寛]ちりまかふ,
ゆきにさわける,[寛]ゆきもはたらに,
あしたたのしも,[寛]まゐらくらくも,

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました