万葉集3607S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3607S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3607S番について

歌番号

3607異伝歌番

原文

安良多倍乃|須受吉都流|安麻登香見良武

訓読

荒栲の|鱸釣る海人とか見らむ

かな読み

あらたへの|||すずきつる|あまとかみらむ

カタカナ読み

アラタヘノ|||スズキツル|アマトカミラム

ローマ字読み|大文字

ARATAHENO|||SUZUKITSURU|AMATOKAMIRAMU

ローマ字読み|小文字

arataheno|||suzukitsuru|amatokamiramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|古歌|誦詠|異伝|枕詞|羈旅|転用

校異

特に無し

寛永版本

あらたへの[寛],
すずきつる,[寛]すすきつる,
あまとかみらむ[寛],

巻数

第15巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました