万葉集240番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集240番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集240番について

歌番号

240番

原文

久堅乃|天歸月乎|網尓刺|我大王者|盖尓為有

訓読

ひさかたの天行く月を網に刺し我が大君は蓋にせり

かな読み

ひさかたの|あめゆくつきを|あみにさし|わがおほきみは|きぬがさにせり

カタカナ読み

ヒサカタノ|アメユクツキヲ|アミニサシ|ワガオホキミハ|キヌガサニセリ

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMEYUKUTSUKIO|AMINISASHI|WAGAOHOKIMIHA|KINUGASANISERI

ローマ字読み|小文字

hisakatano|ameyukutsukio|aminisashi|wagaohokimiha|kinugasaniseri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|長皇子|大君讃美|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

ひさかたの[寛],
あめゆくつきを[寛],
あみにさし[寛],
わがおほきみは,[寛]わかおほきみは,
きぬがさにせり,[寛]きぬかさにせり,

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました