万葉集303番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集303番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集303番について

歌番号

303番

原文

名細寸|稲見乃海之|奥津浪|千重尓隠奴|山跡嶋根者

訓読

名ぐはしき印南の海の沖つ波千重に隠りぬ大和島根は

かな読み

なぐはしき|いなみのうみの|おきつなみ|ちへにかくりぬ|やまとしまねは

カタカナ読み

ナグハシキ|イナミノウミノ|オキツナミ|チヘニカクリヌ|ヤマトシマネハ

ローマ字読み|大文字

NAGUHASHIKI|INAMINOMINO|OKITSUNAMI|CHIHENIKAKURINU|YAMATOSHIMANEHA

ローマ字読み|小文字

naguhashiki|inaminomino|okitsunami|chihenikakurinu|yamatoshimaneha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|兵庫|地名|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

なぐはしき,[寛]なくわしき,
いなみのうみの[寛],
おきつなみ[寛],
ちへにかくりぬ[寛],
やまとしまねは[寛],

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました