万葉集255番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集255番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集255番について

歌番号

255番

原文

天離|夷之長道従|戀来者|自明門|倭嶋所見|[一本云|家門當見由]

訓読

天離る鄙の長道ゆ恋ひ来れば明石の門より大和島見ゆ|[一本云|家のあたり見ゆ]

かな読み

あまざかる|ひなのながちゆ|こひくれば|あかしのとより|やまとしまみゆ|[いへのあたりみゆ]

カタカナ読み

アマザカル|ヒナノナガチユ|コヒクレバ|アカシノトヨリ|ヤマトシマミユ|[イヘノアタリミユ]

ローマ字読み|大文字

AMAZAKARU|HINANONAGACHIYU|KOHIKUREBA|AKASHINOTOYORI|YAMATOSHIMAMIYU|[IHENOATARIMIYU]

ローマ字読み|小文字

amazakaru|hinanonagachiyu|kohikureba|akashinotoyori|yamatoshimamiyu|[ihenoatarimiyu]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|兵庫|地名|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

あまざかる,[寛]あまさかる,
ひなのながちゆ,[寛]ひなのなかちを,
こひくれば,[寛]こひくれは,
あかしのとより[寛],
やまとしまみゆ[寛],
[いへのあたりみゆ],[寛]やとあたりみゆ,

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました