万葉集428番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集428番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集428番について

歌番号

428番

原文

隠口能|泊瀬山之|山際尓|伊佐夜歴雲者|妹鴨有牟

訓読

こもりくの初瀬の山の山の際にいさよふ雲は妹にかもあらむ

かな読み

こもりくの|はつせのやまの|やまのまに|いさよふくもは|いもにかもあらむ

カタカナ読み

コモリクノ|ハツセノヤマノ|ヤマノマニ|イサヨフクモハ|イモニカモアラム

ローマ字読み|大文字

KOMORIKUNO|HATSUSENOYAMANO|YAMANOMANI|ISAYOFUKUMOHA|IMONIKAMOARAMU

ローマ字読み|小文字

komorikuno|hatsusenoyamano|yamanomani|isayofukumoha|imonikamoaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|土形娘子|枕詞|桜井|地名|火葬

校異

特に無し

寛永版本

こもりくの[寛],
はつせのやまの[寛],
やまのまに,[寛]やまのはに,
いさよふくもは[寛],
いもにかもあらむ[寛],

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました