万葉集3610S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3610S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3610S番について

歌番号

3610異伝歌番

原文

安美能宇良|多<麻>母能須蘇尓

訓読

嗚呼見の浦|玉裳の裾に

かな読み

あみのうら|||たまものすそに

カタカナ読み

アミノウラ|||タマモノスソニ

ローマ字読み|大文字

AMINORA|||TAMAMONOSUSONI

ローマ字読み|小文字

aminora|||tamamonosusoni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|古歌|誦詠|地名|三重県|異伝|転用

校異

特に無し

寛永版本

あみのうら[寛],
たまものすそに[寛],

巻数

第15巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました