万葉集252番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集252番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集252番について

歌番号

252番

原文

荒栲|藤江之浦尓|鈴木釣|泉郎跡香将見|旅去吾乎

訓読

荒栲の藤江の浦に鱸釣る海人とか見らむ旅行く我れを

かな読み

あらたへの|ふぢえのうらに|すずきつる|あまとかみらむ|たびゆくわれを

カタカナ読み

アラタヘノ|フヂエノウラニ|スズキツル|アマトカミラム|タビユクワレヲ

ローマ字読み|大文字

ARATAHENO|FUJIENORANI|SUZUKITSURU|AMATOKAMIRAMU|TABIYUKUWAREO

ローマ字読み|小文字

arataheno|fujienorani|suzukitsuru|amatokamiramu|tabiyukuwareo

左注|左註

一本云|白栲乃|藤江能浦尓|伊射利為流

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|霊触り|兵庫|異伝|地名|枕詞

校異

泉【西(左書)】【類】【細】白水

寛永版本

あらたへの[寛],
ふぢえのうらに,[寛]ふちえかうらに,
すずきつる,[寛]すすきつる,
あまとかみらむ,[寛]あまとかみらむ,
たびゆくわれを,[寛]たひゆくわれを,しろたへの[寛],
ふぢえのうらに,[寛]ふちえのうらに,
いざりする,[寛]いさりする,

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました