万葉集1715番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1715番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1715番について

歌番号

1715番

原文

樂<浪>之|平山風之|海吹者|釣為海人之|袂變所見

訓読

楽浪の比良山風の海吹けば釣りする海人の袖返る見ゆ

かな読み

ささなみの|ひらやまかぜの|うみふけば|つりするあまの|そでかへるみゆ

カタカナ読み

ササナミノ|ヒラヤマカゼノ|ウミフケバ|ツリスルアマノ|ソデカヘルミユ

ローマ字読み|大文字

SASANAMINO|HIRAYAMAKAZENO|UMIFUKEBA|TSURISURUAMANO|SODEKAHERUMIYU

ローマ字読み|小文字

sasanamino|hirayamakazeno|umifukeba|tsurisuruamano|sodekaherumiyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|滋賀県|琵琶湖|羈旅|地名|叙景

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|波->浪【藍】【壬】【類】【紀】

寛永版本

ささなみの[寛],
ひらやまかぜの,[寛]ひらやまかせの,
うみふけば,[寛]うみふけは,
つりするあまの[寛],
そでかへるみゆ,[寛]そてかへるみゆ,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました