万葉集304番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集304番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集304番について

歌番号

304番

原文

大王之|遠乃朝庭跡|蟻通|嶋門乎見者|神代之所念

訓読

大君の遠の朝廷とあり通ふ島門を見れば神代し思ほゆ

かな読み

おほきみの|とほのみかどと|ありがよふ|しまとをみれば|かむよしおもほゆ

カタカナ読み

オホキミノ|トホノミカドト|アリガヨフ|シマトヲミレバ|カムヨシオモホユ

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|TOHONOMIKADOTO|ARIGAYOFU|SHIMATOMIREBA|KAMUYOSHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

ohokimino|tohonomikadoto|arigayofu|shimatomireba|kamuyoshiomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|兵庫|土地讃美|地名

校異

特に無し

寛永版本

おほきみの,[寛]すめろおの,
とほのみかどと,[寛]とほのみかとと,
ありがよふ,[寛]ありかよふ,
しまとをみれば,[寛]しまとをみれは,
かむよしおもほゆ,[寛]かみよしそおもふ,

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました