万葉集249番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集249番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集249番について

歌番号

249番

原文

三津埼|浪矣恐|隠江乃|舟公宣奴嶋尓

訓読

御津の崎波を畏み隠江の舟公宣奴嶋尓

かな読み

みつのさき|なみをかしこみ|こもりえの|******

カタカナ読み

ミツノサキ|ナミヲカシコミ|コモリエノ|******

ローマ字読み|大文字

MITSUNOSAKI|NAMIOKASHIKOMI|KOMORIENO|******

ローマ字読み|小文字

mitsunosaki|namiokashikomi|komorieno|******

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|難訓|大阪|地名

校異

特に無し

寛永版本

みつのさき[寛],
なみをかしこみ[寛],
こもりえの[寛],
******,[寛]ふねこくきみか,ゆくかのしまに,

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました