万葉集430番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集430番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集430番について

歌番号

430番

原文

八雲刺|出雲子等|黒髪者|吉野川|奥名豆颯

訓読

八雲さす出雲の子らが黒髪は吉野の川の沖になづさふ

かな読み

やくもさす|いづものこらが|くろかみは|よしののかはの|おきになづさふ

カタカナ読み

ヤクモサス|イヅモノコラガ|クロカミハ|ヨシノノカハノ|オキニナヅサフ

ローマ字読み|大文字

YAKUMOSASU|IZUMONOKORAGA|KUROKAMIHA|YOSHINONOKAHANO|OKININAZUSAFU

ローマ字読み|小文字

yakumosasu|izumonokoraga|kurokamiha|yoshinonokahano|okininazusafu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|出雲娘子|吉野|地名

校異

特に無し

寛永版本

やくもさす,[寛]やくもたつ,
いづものこらが,[寛]いつものこらか,
くろかみは[寛],
よしののかはの[寛],
おきになづさふ,[寛]おきになつさふ,

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました