万葉集1761番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1761番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1761番について

歌番号

1761番

原文

三諸之|神邊山尓|立向|三垣乃山尓|秋芽子之|妻巻六跡|朝月夜|明巻鴦視|足日木乃|山響令動|喚立鳴毛

訓読

三諸の|神奈備山に|たち向ふ|御垣の山に|秋萩の|妻をまかむと|朝月夜|明けまく惜しみ|あしひきの|山彦響め|呼びたて鳴くも

かな読み

みもろの|かむなびやまに|たちむかふ|みかきのやまに|あきはぎの|つまをまかむと|あさづくよ|あけまくをしみ|あしひきの|やまびことよめ|よびたてなくも

カタカナ読み

ミモロノ|カムナビヤマニ|タチムカフ|ミカキノヤマニ|アキハギノ|ツマヲマカムト|アサヅクヨ|アケマクヲシミ|アシヒキノ|ヤマビコトヨメ|ヨビタテナクモ

ローマ字読み|大文字

MIMORONO|KAMUNABIYAMANI|TACHIMUKAFU|MIKAKINOYAMANI|AKIHAGINO|TSUMAOMAKAMUTO|ASAZUKUYO|AKEMAKUOSHIMI|ASHIHIKINO|YAMABIKOTOYOME|YOBITATENAKUMO

ローマ字読み|小文字

mimorono|kamunabiyamani|tachimukafu|mikakinoyamani|akihagino|tsumaomakamuto|asazukuyo|akemakuoshimi|ashihikino|yamabikotoyome|yobitatenakumo

左注|左註

右件歌或云柿本朝臣人麻呂作

事項|分類・ジャンル

雑歌|異伝|飛鳥|秋|地名|植物|動物

校異

鹿謌->鹿【元】【藍】【類】【紀】|歌【西】哥【西(訂正)】歌

寛永版本

みもろの[寛],
かむなびやまに,[寛]かみなひやまに,
たちむかふ,[寛]たちむかひ,
みかきのやまに[寛],
あきはぎの,[寛]あきはきの,
つまをまかむと[寛],
あさづくよ,[寛]あさつくよ,
あけまくをしみ[寛],
あしひきの[寛],
やまびことよめ,[寛]やまひことよみ,
よびたてなくも,[寛]よひたちなくも,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました