万葉集256番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集256番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集256番について

歌番号

256番

原文

飼飯海乃|庭好有之|苅薦乃|乱出所見|海人釣船

訓読

笥飯の海の庭よくあらし刈薦の乱れて出づ見ゆ海人の釣船

かな読み

けひのうみの|にはよくあらし|かりこもの|みだれていづみゆ|あまのつりぶね

カタカナ読み

ケヒノウミノ|ニハヨクアラシ|カリコモノ|ミダレテイヅミユ|アマノツリブネ

ローマ字読み|大文字

KEHINOMINO|NIHAYOKUARASHI|KARIKOMONO|MIDARETEIZUMIYU|AMANOTSURIBUNE

ローマ字読み|小文字

kehinomino|nihayokuarashi|karikomono|midareteizumiyu|amanotsuribune

左注|左註

一本云|武庫乃海|舳尓波有之|伊射里為流|海部乃釣船|浪上従所見

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|魂触り|兵庫|地名|枕詞

校異

海舳尓波【紀】朱書【全註釈】海能尓波好【訓海嬥庭よ邙灾ら賖】

寛永版本

けひのうみの[寛],
にはよくあらし[寛],
かりこもの[寛],
みだれていづみゆ,[寛]みたれていてみゆ,
あまのつりぶね,[寛]あまのつりふね,むこのうみ,[寛]むこのうみの,
にはよくあらし,[寛]ふねにはならし,
いざりする,[寛]いさりする,
あまのつりぶね,[寛]あまのつりふね,
なみのうへゆみゆ[寛],

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました