万葉集254番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集254番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集254番について

歌番号

254番

原文

留火之|明大門尓|入日哉|榜将別|家當不見

訓読

燈火の明石大門に入らむ日や漕ぎ別れなむ家のあたり見ず

かな読み

ともしびの|あかしおほとに|いらむひや|こぎわかれなむ|いへのあたりみず

カタカナ読み

トモシビノ|アカシオホトニ|イラムヒヤ|コギワカレナム|イヘノアタリミズ

ローマ字読み|大文字

TOMOSHIBINO|AKASHIOHOTONI|IRAMUHIYA|KOGIWAKARENAMU|IHENOATARIMIZU

ローマ字読み|小文字

tomoshibino|akashiohotoni|iramuhiya|kogiwakarenamu|ihenoatarimizu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|兵庫|枕詞|地名

校異

特に無し

寛永版本

ともしびの,[寛]ともしひの,
あかしおほとに,[寛]あかしのなたに,
いらむひや,[寛]いるひにや,
こぎわかれなむ,[寛]こきわかれなむ,
いへのあたりみず,[寛]いへのあたりみゆ,

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました