万葉集261番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集261番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集261番について

歌番号

261番

原文

八隅知之|吾大王|高輝|日之皇子|茂座|大殿於|久方|天傳来|<白>雪仕物|徃来乍|益及常世

訓読

やすみしし|我が大君|高照らす|日の御子|敷きいます|大殿の上に|ひさかたの|天伝ひ来る|雪じもの|行き通ひつつ|いや常世まで

かな読み

やすみしし|わがおほきみ|たかてらす|ひのみこ|しきいます|おほとののうへに|ひさかたの|あまづたひくる|ゆきじもの|ゆきかよひつつ|いやとこよまで

カタカナ読み

ヤスミシシ|ワガオホキミ|タカテラス|ヒノミコ|シキイマス|オホトノノウヘニ|ヒサカタノ|アマヅタヒクル|ユキジモノ|ユキカヨヒツツ|イヤトコヨマデ

ローマ字読み|大文字

YASUMISHISHI|WAGAOHOKIMI|TAKATERASU|HINOMIKO|SHIKIIMASU|OHOTONONOHENI|HISAKATANO|AMAZUTAHIKURU|YUKIJIMONO|YUKIKAYOHITSUTSU|IYATOKOYOMADE

ローマ字読み|小文字

yasumishishi|wagaohokimi|takaterasu|hinomiko|shikiimasu|ohotononoheni|hisakatano|amazutahikuru|yukijimono|yukikayohitsutsu|iyatokoyomade

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|新田部皇子|献呈歌|飛鳥|地名|枕詞

校異

短歌【西】短謌|自->白【類】【紀】【細】

寛永版本

やすみしし[寛],
わがおほきみ,[寛]わかおほきみの,
たかてらす[寛],
ひのみこ,[寛]ひのわかみこの,
しきいます,[寛]しけくます,
おほとののうへに[寛],
ひさかたの[寛],
あまづたひくる,[寛]あまつたひこし,
ゆきじもの,[寛]ゆきしもの,
ゆきかよひつつ,[寛]ゆききつつませ,
いやとこよまで,[寛]とこよなるまて,

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました