万葉集426番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集426番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集426番について

歌番号

426番

原文

草枕|羈宿尓|誰嬬可|國忘有|家待<真>國

訓読

草枕旅の宿りに誰が嬬か国忘れたる家待たまくに

かな読み

くさまくら|たびのやどりに|たがつまか|くにわすれたる|いへまたまくに

カタカナ読み

クサマクラ|タビノヤドリニ|タガツマカ|クニワスレタル|イヘマタマクニ

ローマ字読み|大文字

KUSAMAKURA|TABINOYADORINI|TAGATSUMAKA|KUNIWASURETARU|IHEMATAMAKUNI

ローマ字読み|小文字

kusamakura|tabinoyadorini|tagatsumaka|kuniwasuretaru|ihematamakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|行路死人|枕詞

校異

歌【西】謌|莫->真【類】【古】【紀】

寛永版本

くさまくら[寛],
たびのやどりに,[寛]たひのやとりに,
たがつまか,[寛]たかつまか,
くにわすれたる[寛],
いへまたまくに,[寛]いへまたなくに,

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました