万葉集429番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集429番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

万葉集429番について

歌番号

429番

原文

山際従|出雲兒等者|霧有哉|吉野山|嶺霏<d>

訓読

山の際ゆ出雲の子らは霧なれや吉野の山の嶺にたなびく

かな読み

やまのまゆ|いづものこらは|きりなれや|よしののやまの|みねにたなびく

カタカナ読み

ヤマノマユ|イヅモノコラハ|キリナレヤ|ヨシノノヤマノ|ミネニタナビク

ローマ字読み|大文字

YAMANOMAYU|IZUMONOKORAHA|KIRINAREYA|YOSHINONOYAMANO|MINENITANABIKU

ローマ字読み|小文字

yamanomayu|izumonokoraha|kirinareya|yoshinonoyamano|minenitanabiku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|出雲娘子|吉野|地名|火葬

校異

c->d【矢】【京】

寛永版本

やまのまゆ,[寛]やまのはに,
いづものこらは,[寛]いつものこらは,
きりなれや[寛],
よしののやまの[寛],
みねにたなびく,[寛]みねにたなひく,

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました