万葉集266番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集266番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集266番について

歌番号

266番

原文

淡海乃海|夕浪千鳥|汝鳴者|情毛思<努>尓|古所念

訓読

近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのにいにしへ思ほゆ

かな読み

あふみのうみ|ゆふなみちどり|ながなけば|こころもしのに|いにしへおもほゆ

カタカナ読み

アフミノウミ|ユフナミチドリ|ナガナケバ|ココロモシノニ|イニシヘオモホユ

ローマ字読み|大文字

AFUMINOMI|YUFUNAMICHIDORI|NAGANAKEBA|KOKOROMOSHINONI|INISHIHEOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

afuminomi|yufunamichidori|naganakeba|kokoromoshinoni|inishiheomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|懐古|荒都歌|鎮魂|滋賀|地名|動物

校異

奴->努【西(補入)】【類】【紀】

寛永版本

あふみのうみ[寛],
ゆふなみちどり,[寛]ゆふなみちとり,
ながなけば,[寛]なかなけは,
こころもしのに[寛],
いにしへおもほゆ[寛],

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました