万葉集251番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集251番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集251番について

歌番号

251番

原文

粟路之|野嶋之前乃|濱風尓|妹之結|紐吹返

訓読

淡路の野島が崎の浜風に妹が結びし紐吹き返す

かな読み

あはぢの|のしまがさきの|はまかぜに|いもがむすびし|ひもふきかへす

カタカナ読み

アハヂノ|ノシマガサキノ|ハマカゼニ|イモガムスビシ|ヒモフキカヘス

ローマ字読み|大文字

AHAJINO|NOSHIMAGASAKINO|HAMAKAZENI|IMOGAMUSUBISHI|HIMOFUKIKAHESU

ローマ字読み|小文字

ahajino|noshimagasakino|hamakazeni|imogamusubishi|himofukikahesu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|兵庫|地名

校異

特に無し

寛永版本

あはぢの,[寛]あはみちの,
のしまがさきの,[寛]のしまのさきの,
はまかぜに,[寛]はまかせに,
いもがむすびし,[寛]いもかむすひし,
ひもふきかへす[寛],

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました