万葉集3606S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3606S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3606S番について

歌番号

3606異伝歌番

原文

敏馬乎須疑弖|布祢知可豆伎奴

訓読

敏馬を過ぎて|船近づきぬ

かな読み

みぬめをすぎて|||ふねちかづきぬ

カタカナ読み

ミヌメヲスギテ|||フネチカヅキヌ

ローマ字読み|大文字

MINUMEOSUGITE|||FUNECHIKAZUKINU

ローマ字読み|小文字

minumeosugite|||funechikazukinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|古歌|誦詠|地名|兵庫|異伝|道行翮|羈旅|転用

校異

特に無し

寛永版本

みぬめをすぎて,[寛]みぬめをすきて,
ふねちかづきぬ,[寛]ふねちかつきぬ,

巻数

第15巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました