万葉集|第20巻の和歌一覧

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4464番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4464番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4464番について歌番号4464番原文保等登藝須|可氣都々伎美我|麻都可氣尓|比毛等伎佐久流|都奇知可都伎奴訓読霍公鳥懸けつつ君が松蔭に紐解き放くる月近づきぬかな読みほととぎ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4480番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4480番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4480番について歌番号4480番原文可之故伎也|安米乃美加度乎|可氣都礼婆|祢能未之奈加由|安佐欲比尓之弖|訓読畏きや天の御門を懸けつれば音のみし泣かゆ朝夕にして|かな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4465番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4465番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4465番について歌番号4465番原文比左加多能|安麻能刀比良伎|多可知保乃|多氣尓阿毛理之|須賣呂伎能|可未能御代欲利|波自由美乎|多尓藝利母多之|麻可胡也乎|多婆左美蘇倍...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4481番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4481番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4481番について歌番号4481番原文安之比奇能|夜都乎乃都婆吉|都良々々尓|美等母安米也|宇恵弖家流伎美訓読あしひきの八つ峰の椿つらつらに見とも飽かめや植ゑてける君かな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4466番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4466番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4466番について歌番号4466番原文之奇志麻乃|夜末等能久尓々|安伎良氣伎|名尓於布等毛能乎|己許呂都刀米与訓読磯城島の大和の国に明らけき名に負ふ伴の男心つとめよかな読みし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4451番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4451番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4451番について歌番号4451番原文宇流波之美|安我毛布伎美波|奈弖之故我|波奈尓奈倍弖|美礼杼安可奴香母訓読うるはしみ我が思ふ君はなでしこが花になそへて見れど飽かぬかもか...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4452番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4452番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4452番について歌番号4452番原文乎等賣良我|多麻毛須蘇婢久|許能尓波尓|安伎可是不吉弖|波奈波知里都々訓読娘子らが玉裳裾引くこの庭に秋風吹きて花は散りつつかな読みをとめ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4453番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4453番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4453番について歌番号4453番原文安吉加是能|布伎古吉之家流|波奈能尓波|伎欲伎都久欲仁|美礼杼安賀奴香母訓読秋風の吹き扱き敷ける花の庭清き月夜に見れど飽かぬかもかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4454番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4454番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4454番について歌番号4454番原文高山乃|伊波保尓於布流|須我乃根能|祢母許呂其呂尓|布里於久白雪訓読高山の巌に生ふる菅の根のねもころごろに降り置く白雪かな読みたかやまの...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4455番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4455番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4455番について歌番号4455番原文安可祢須|比流波多々婢弖|奴婆多麻乃|欲流乃伊刀末仁|都賣流芹子許礼訓読あかねさす昼は田賜びてぬばたまの夜のいとまに摘める芹これかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4456番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4456番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4456番について歌番号4456番原文麻須良乎等|於毛敝流母能乎|多知波吉弖|可尓波乃多為尓|世理曽都美家流訓読大夫と思へるものを太刀佩きて可尓波の田居に芹ぞ摘みけるかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4457番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4457番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4457番について歌番号4457番原文須美乃江能|波麻末都我根乃|之多倍弖|和我見流乎努能|久佐奈加利曽祢訓読住吉の浜松が根の下延へて我が見る小野の草な刈りそねかな読みすみの...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4442番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4442番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4442番について歌番号4442番原文和我勢故我|夜度乃奈弖之故|比奈良倍弖|安米波布礼杼母|伊呂毛可波良受訓読我が背子が宿のなでしこ日並べて雨は降れども色も変らずかな読みわ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4458番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4458番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4458番について歌番号4458番原文尓保杼里乃|於吉奈我河波半|多延奴等母|伎美尓可多良武|己等都奇米也母|訓読にほ鳥の息長川は絶えぬとも君に語らむ言尽きめやも|かな読みに...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4443番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4443番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4443番について歌番号4443番原文比佐可多|安米波布里之久|奈弖之故我|伊夜波都波奈尓|故非之伎和我勢訓読ひさかたの雨は降りしくなでしこがいや初花に恋しき我が背かな読みひ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4459番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4459番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4459番について歌番号4459番原文蘆苅尓|保江許具奈流|可治能於等波|於保美也比等能|未奈伎久麻泥尓訓読葦刈りに堀江漕ぐなる楫の音は大宮人の皆聞くまでにかな読みあしかりに...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4444番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4444番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4444番について歌番号4444番原文和我世故我|夜度奈流波疑乃|波奈佐可牟|安伎能由布敝波|和礼乎之努波世訓読我が背子が宿なる萩の花咲かむ秋の夕は我れを偲はせかな読みわがせ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4460番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4460番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4460番について歌番号4460番原文保利江己具|伊豆手乃船乃|可治都久米|於等之婆多知奴|美乎波也美加母訓読堀江漕ぐ伊豆手の舟の楫つくめ音しば立ちぬ水脈早みかもかな読みほり...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4445番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4445番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4445番について歌番号4445番原文宇具比須乃|許恵波須疑奴等|於毛倍杼母|之美尓之許己呂|奈保古非尓家里訓読鴬の声は過ぎぬと思へどもしみにし心なほ恋ひにけりかな読みうぐひ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4461番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4461番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4461番について歌番号4461番原文保里江欲利|美乎左能保流|音乃|麻奈久曽奈良波|古非之可利家留訓読堀江より水脈さかのぼる楫の音の間なくぞ奈良は恋しかりけるかな読みほりえ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4446番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4446番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4446番について歌番号4446番原文和我夜度尓|佐家流奈弖之故|麻比波勢牟|由米波奈知流奈|伊也乎知尓左家訓読我が宿に咲けるなでしこ賄はせむゆめ花散るないやをちに咲けかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4447番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4447番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4447番について歌番号4447番原文麻比之都々|伎美我於保世流|奈弖之故我|波奈乃未等波無|伎美奈良奈久尓訓読賄しつつ君が生ほせるなでしこが花のみ問はむ君ならなくにかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4448番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4448番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4448番について歌番号4448番原文安治佐為能|夜敝佐久其等久|夜都与尓乎|伊麻世和我勢故|美都々思努波牟訓読あぢさゐの八重咲くごとく八つ代にをいませ我が背子見つつ偲はむか...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4449番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4449番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4449番について歌番号4449番原文奈弖之故我|波奈等里母知弖|宇都良々々々|美麻久能富之伎|吉美尓母安流加母訓読なでしこが花取り持ちてうつらうつら見まくの欲しき君にもある...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4450番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4450番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4450番について歌番号4450番原文和我勢故我|夜度能奈弖之故|知良米也母|伊夜波都波奈尓|佐伎波麻須等母訓読我が背子が宿のなでしこ散らめやもいや初花に咲きは増すともかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4435番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4435番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4435番について歌番号4435番原文布敷賣里之|波奈乃波自米尓|許之和礼夜|知里奈牟能知尓|美夜古敝由可無訓読ふふめりし花の初めに来し我れや散りなむ後に都へ行かむかな読みふ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4420番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4420番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4420番について歌番号4420番原文久佐麻久良|多妣乃麻流祢乃|比毛多要婆|安我弖等都氣呂|許礼乃波流母志訓読草枕旅の丸寝の紐絶えば我が手と付けろこれの針持しかな読みくさま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4436番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4436番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4436番について歌番号4436番原文夜未乃欲能|由久左伎之良受|由久和礼乎|伊都伎麻牟等|登比之古良波母訓読闇の夜の行く先知らず行く我れをいつ来まさむと問ひし子らはもかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4421番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4421番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4421番について歌番号4421番原文和我由伎乃|伊伎都久之可婆|安之我良乃|美祢波保久毛乎|美等登志努波祢訓読我が行きの息づくしかば足柄の峰延ほ雲を見とと偲はねかな読みわが...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4437番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4437番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4437番について歌番号4437番原文冨等登藝須|奈保毛奈賀那牟|母等都比等|可氣都々母等奈|安乎祢之奈久母訓読霍公鳥なほも鳴かなむ本つ人かけつつもとな我を音し泣くもかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4422番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4422番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4422番について歌番号4422番原文和我世奈乎|都久之倍夜里弖|宇都久之美|於妣等可奈々|阿也尓加母祢毛訓読我が背なを筑紫へ遣りて愛しみ帯は解かななあやにかも寝もかな読みわ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4438番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4438番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4438番について歌番号4438番原文保等登藝須|許々尓知可久乎|伎奈伎弖余|須疑奈能知尓|之流志安良米夜母訓読霍公鳥ここに近くを来鳴きてよ過ぎなむ後に験あらめやもかな読みほ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4423番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4423番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4423番について歌番号4423番原文安之我良乃|美佐可尓多志弖|蘇埿布良波|伊波奈流伊毛波|佐夜尓美毛可母訓読足柄の御坂に立して袖振らば家なる妹はさやに見もかもかな読みあし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4439番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4439番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4439番について歌番号4439番原文麻都我延乃|都知尓都久麻埿|布流由伎乎|美受弖也伊毛我|許母里乎流良牟訓読松が枝の土に着くまで降る雪を見ずてや妹が隠り居るらむかな読みま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4424番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4424番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4424番について歌番号4424番原文伊呂夫可久|世奈我許呂母波|曽米麻之乎|美佐可多婆良婆|麻佐夜可尓美無訓読色深く背なが衣は染めましをみ坂給らばまさやかに見むかな読みいろ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4440番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4440番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4440番について歌番号4440番原文安之我良乃|夜敝也麻故要弖|伊麻之奈波|多礼乎可伎美等|弥都々志努波牟訓読足柄の八重山越えていましなば誰れをか君と見つつ偲はむかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4425番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4425番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4425番について歌番号4425番原文佐伎毛利尓|由久波多我世登|刀布比登乎|美流我登毛之佐|毛乃母比毛世受訓読防人に行くは誰が背と問ふ人を見るが羨しさ物思ひもせずかな読みさ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4441番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4441番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4441番について歌番号4441番原文多知之奈布|伎美我須我多乎|和須礼受波|与能可藝里尓夜|故非和多里奈無訓読立ちしなふ君が姿を忘れずは世の限りにや恋ひわたりなむかな読みた...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4426番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4426番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4426番について歌番号4426番原文阿米都之乃|可未尓奴佐於伎|伊波比都々|伊麻世和我世奈|阿礼乎之毛波婆訓読天地の神に幣置き斎ひつついませ我が背な我れをし思はばかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4427番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4427番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4427番について歌番号4427番原文伊波乃伊毛呂|和乎之乃布良之|麻由須比尓|由須比之比毛乃|登久良久毛倍婆訓読家の妹ろ我を偲ふらし真結ひに結ひし紐の解くらく思へばかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4428番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4428番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4428番について歌番号4428番原文和我世奈乎|都久志波夜利弖|宇都久之美|叡比波登加奈々|阿夜尓可毛祢牟訓読我が背なを筑紫は遣りて愛しみえひは解かななあやにかも寝むかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4429番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4429番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4429番について歌番号4429番原文宇麻夜奈流|奈波多都古麻乃|於久流我弁|伊毛我伊比之乎|於岐弖可奈之毛訓読馬屋なる縄立つ駒の後るがへ妹が言ひしを置きて悲しもかな読みうま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4430番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4430番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4430番について歌番号4430番原文阿良之乎乃|伊乎佐太波佐美|牟可比多知|可奈流麻之都美|伊埿弖登阿我久流訓読荒し男のいをさ手挟み向ひ立ちかなるましづみ出でてと我が来るか...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4431番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4431番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4431番について歌番号4431番原文佐左賀波乃|佐也久志毛用尓|奈々弁加流|去呂毛尓麻世流|古侶賀波太波毛訓読笹が葉のさやぐ霜夜に七重着る衣に増せる子ろが肌はもかな読みささ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4432番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4432番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4432番について歌番号4432番原文佐弁奈弁奴|美許登尓阿礼婆|可奈之伊毛我|多麻久良波奈礼|阿夜尓可奈之毛訓読障へなへぬ命にあれば愛し妹が手枕離れあやに悲しもかな読みさへ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4433番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4433番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4433番について歌番号4433番原文阿佐奈佐奈|安我流比婆理尓|奈里弖之可|美也古尓由伎弖|波夜加弊里許牟訓読朝な朝な上がるひばりになりてしか都に行きて早帰り来むかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4434番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4434番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4434番について歌番号4434番原文比婆里安我流|波流弊等佐夜尓|奈理奴礼波|美夜古母美要受|可須美多奈妣久訓読ひばり上がる春へとさやになりぬれば都も見えず霞たなびくかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4403番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4403番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4403番について歌番号4403番原文意保枳美能|美己等可之古美|阿乎久乃|妣久夜麻乎|古与弖伎怒加牟訓読大君の命畏み青雲のとのびく山を越よて来ぬかむかな読みおほきみの|みこ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4419番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4419番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4419番について歌番号4419番原文伊波呂尓波|安之布多氣騰母|須美与氣乎|都久之尓伊多里弖|古布志氣毛波母訓読家ろには葦火焚けども住みよけを筑紫に至りて恋しけ思はもかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4404番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4404番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4404番について歌番号4404番原文奈尓波治乎|由伎弖久麻弖等|和藝毛古賀|都氣之非毛我乎|多延尓氣流可母訓読難波道を行きて来までと我妹子が付けし紐が緒絶えにけるかもかな読...
タイトルとURLをコピーしました